BLOG

ブログ

先日の男の料理の日です。
今回は野菜たっぷりグリーンカレー
とても美味しいお食事でした。
無農薬の野菜をふんだんに使い、無添加の調味料を主とする水輪の料理、
この美味しさは本物です。

最近、私たちは食事に関しての勉強会を行っています。
今回は「モンサント不自然な食べ物」という映画を見ました。
その感想文をご紹介させて頂きます。

A.Y.さん
便利なもの、見た目が良いもの、目先のことを追求し続けたばかりに私達は大切なものを失っているのだと思いました。

N.K.さん
衝撃的な映像でした。成長ホルモン剤を牛に打って、その牛から出る牛乳を安全だとデタラメを言って売り出す。本当に怖いと思いました。私達は「知らない」だけで危険な食べ物はそこら中にあるのだと思いました。お母さんはそういった現状を深く見る目を持っていて「体に良いもの」を食べさせてくれていたのだと感謝が湧きました。お金のために手段を選ばない、平気で命に危険を及ぼすことをする人の人格とは。と考えさせられました。「知らないことは罪である」という先生の言葉がよく分かりました。今日はありがとうございました。

N.N.さん
病気はたくさんありますが、その原因が人工的に作り上げた農薬などが原因となっていることを知ると、消費者の私達が学んで選んでいかないといけないと思いました。ありあまる情報から、本当に私達が口にして良いものか、ちゃんとしたものを選んでいく能力を育てなくてはいけないと思いました。いろいろな国の畑が映像で沢山出てきました。ここの畑より数倍広い畑でしたが、除草剤などをまき、人にも動物にも健康的でないものをまきつづけて収穫されたものを選ばず、もっと身体に安心したものからエネルギーをいただきたいと思います。

N.N.さん
大変なことが起こっているのだと知りました。よくお店にも出回っている遺伝子組み換え作物。安全だと言われているそれらの農作物は実はそうではない。遺伝子操作の作物自体を身体は異物だと認識する事で、胃などの細胞分裂が増えたりするのだと分かりました。それはガンのもとになるものだそうです。それだけではなく、多くの倫理的な問題の無視が世の中で起こっているのだと分かりました。企業は金儲けのために、消費者の健康や命などなんとも思っていない。ここで行われている、自然農というのは人にも自然にも優しい優れた農法なのだと改めて分かりました。

K.O.さん
訴訟になり、被害を受けている人がいることが分かっても、歯止めがきかなくなってしまうのは何故か。規制緩和によって、健康が失われたり、土壌汚染に繋がる事もあることが分かった。まず出来ることは、知ることだと思った。

A.N.さん
以前から、一度は観たほうが良いと言われ続け約10年、ようやく観れたという感じです。いろんなところでモンサントのよくない話は聞いていましたが、この企業が何故ここまで成長したのか不思議でした。人間の心の奥にある「楽して稼ぎたい」がこの企業を大きくしたのかもしれないと感じました。私の場合、アトピーがあり、食べ物や、ひどい時は空気中に飛散する農薬に苦しめられる時がありました。普通の人より少し身体が弱く、ただそれを上手く説明できず、苦しかった時を思い出しました。だから食べ物や着るもの、行く場所にとても注意してました。こんなに生きるのに苦しさを感じるのなら、次の命を作ることは、自分にはとても出来ないと思った事を思い出しました。

H.O.さん
私達は利巧に賢く生きなければならない。水輪は世に希望の光を与える場所です。お金のためにと手段を選ばないで人を傷つけてということが平気で行われている世の中。それで傷ついている沢山の人々。水輪があることで沢山の人、世界が救われると思います。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。