現場スタッフの声

「いのちの森水輪で本物に出会ってみないか」~飛田 航介

今、君達が行先が見えず、もがき苦しんでいるのなら、それは君達が、この世の中なにかおかしい、狂ってると感じているからなんだ。だからこそ苦しいんだ。自分のやっていることに意味を見出せず、皆、周りは仮面をつけて偽りの人生を生きてる中で,本当のことって何?ともがいているはずだ。私自身の話になるけれど、私は東京で役者をやっていて、周りは皆仮面をつけていて、実は私自身も仮面をつけていた。でも排除されるのがこわくて、その仮面をつけたまま、何とか芸能界で生き残ろうと、偽りの自分を演じていた。実は私の祖父も役者だったのだけれど、心から尊敬していたので、だから何とか役者として生きて行こうと思っていた。でもそれが結局は自分に破たんを起こさせてしまったんだ。ニセモノばかりが多い中で、自分はいつしか酒におぼれ、引きこもりになり、うつの薬ものみはじめて、それでも浴びるように酒をのみ、とうとう倒れて生死の境をさまよってしまった。でもそれが転機となった。いのちの森水輪へ来てやってみよう、自分は変われるかもしれないと思ったのが7年前。この7年間は、それはもう驚きの連続だった。

今に集中するということがどういうことかわかるかい?人は皆、八万四千の雑念のなかで生きているといわれている。それさえも気づかずに日々を過ごしてしまっている。本当のこと、本物、そしてつけ加えて、本当の自分に出会うには、今自分がやっている目の前のことに徹頭徹尾集中していくということなんだ。そうすることで雑念は押さえられていく。私はこのことを、いのちの森水輪の先生である塩澤みどり先生、塩澤研一先生から教わったのだけれど、今に集中することはここにいる仲間達が全員取り組んでいることだ。だから皆、竹を割ったようにさっぱりしていて、表裏がなく一緒にやっていて本当に信頼できる。

いのちの森を是非見てほしい・来て感じてほしい。素晴らしい館物を。本物を作りつづけている水輪ナチュラルファームを。そして先生方と、ここで本物を求めている素晴らしき仲間たちを。大歓迎します。待っています。

「今乗り越えるため、弱い自分に強い自分が勝つ」~T.M

標高1050m長野県の飯綱高原の飯綱山が見守る場所。早穂理さんという、クローバーでいったら、四つ葉のクローバー、障害をもった娘さんから始まり、今は、塩澤家3人+スタッフ、実習生、研修生の総勢27人で共同生活をしています。今までの生育歴でつけてきたクセ、人との関わり方、見直させてもらっています。自分に向き合うこと、乗り越えなければならないこと、今まで心を開いていなかった私にそれを出会わせていただきました。

今乗り越えるため、弱い自分に強い自分が勝つ

「自分の欲や感情を超えて厳しく、時には優しく私たちを指導してくれています。」~C.W

ここいのちの森水輪では、スタッフ、研修生実習生、先生方に、早穂理さんを含め、今27名での共同生活をしています。皆で毎日の寝食を共にし、職場実習を通じて働き方や心構えを学び、自分をもっと知り、深め改善し、より良い人格をつくり成長できるようお互いサポートするという環境がここにはあります。館内実習では、館内をきれいに保つための清掃、お客様を迎えるための準備、人に喜んでいただくための学びがたくさんあります。厨房実習では、本格的な厨房で、お皿洗い、お料理などの実習で時間感覚、集中力をつけるなどの学びがあり、畑実習では本物の土に触れて耕し作物を植え育てていく。いのちに触れ自分自身の体、心が生きている実感を味わい、いのちを大切にする心を学ぶことが出来ます。

私はいのちの森水輪で、人は一人ではなく、共に生きているのだということを実感しています。生活と仕事の実習の中で、一つ一つのことには意味があり、自分自身の考え方意識が、現実化して作り出しているということを思う場面が沢山あります。生活の一つ一つを大切に丁寧に今に集中し行うことがいかに大切か。その積み重ねが自分自身を作り人生さえも作っていく。それに気づいたとき、安心感が生まれ、自分はどう生きたら良いのかということが、少しずつわかってきました。

「私はこれから、どうしたら良いのか。」「今、どうしたら良いのか。」を知れば、自然と苦しみは遠のくものです。今を懸命に生きる。今に集中する。今を生きていくことで本当の安心感、幸福感、利他の精神、あらゆる健全な精神は育まれるのだと思います。

三つ子の魂百までと言われますが、今ここ自己を生きていくことで、今から生き直し、新しく生まれ自己を作っていくことは出来るのだと、実感し続けています。そして先生方、ここにいる仲間たちと共に、大切にしていることは働いて生活力をつける。色々なことが出来るようになるということももちろんですが、そのことの根幹に、心のあり方、考え方が一番重要なこととして、大切にしていることです。

塩沢先生方は、どうしたら目の前の人が良くなるか、自分の欲や感情を超えて厳しく、時には優しく私たちを指導してくれています。そしてこの環境を心を高めるための場所として提供して下さっていて、その身をもっての奉仕の心は、本当に学ばさせて頂いています。ここで自分を一歩一歩高め、利他の精神を身につけていけるということを、本当に感謝しています。