水輪フリースクール

BLOG

ブログ

 実習生のA.Y.と申します。先日、スタッフの方にビーバーという草刈払機の使い方・整備の仕方を教わる機会がありました。実際にビーバーを使うのは6月頃になりそうですが、その前段階として、エンジンのかけ方、部品の取り付け方、掃除の仕方を習いました。私は今冬、除雪機を初めて使うことができ、機械を扱うということを学ばせていただいています。

私は水輪に入所してから、もうすぐ2年が経ちます。来た当初はうつ状態で、動くことがやっとであり、とても機械を扱えるような状態ではありませんでした。しかし、ファーム実習を通して、大自然の中で、仲間と共に汗を流し、野菜作りに取り組む中で、少しずつ、心と体の状態は上がっていきました。そして2年近く経った今、機械を扱えるようになりました。本当に感謝しています。

機会を扱うことには危険が伴います。なので、しっかりとした意識で臨まなければなりません。常に安全を確認し、自分にも周りにも、危険が及ばないよう注意する必要があります。また、効率よく作業を行うには、機械を操縦という意識ではなく、機械と一体となって動く、という気持でやるということが重要だと思います。ビーバーを使うのは数ヶ月先ですが、それまでに他の実習に打ち込み、あらゆる面で成長し、ビーバー実習に臨みたいと思います。