2005年4月〜5月 ワーキングスタディー月間
国際アントロポゾフィー国際医学ゼミナール前後
ワーキングスタディー参加

   Yさん(女性/長野県/看護師)

      

4月29日
 朝、ついてから、夜まで、働いたなあ、という充実感があった。でも、一日目から沢山動いて、疲れたので、一週間もつか少し心配。スタッフの方や一緒に働く皆さんが、いろいろ教えてくれるので、一日の仕事の流れの中で、困ることはなかったが、まだ内容を把握できていないので、スムーズに動くことはできなかった。なれてくればもう少し楽になると思う。

 一日働いてみて気づいたのは、自分がいかに「こなす」ことに慣れてしまっていたかということ。要領よく、ぱっぱとこなすことを今までも仕事の中でしてきたので、手早く行うことはできても、一つ一つの動作や作業の中からの気づきや、自分を見つめなおす(内省)ということができていない。
 今回は特に沢山の方がいらっしゃっているので、ゆっくり自分を見つめなおす「ワーク&スタディ」のスタディ面の時間がなかなか取れないのが残念。

4月30日
 今日はいろいろな学びがあった。まず、みどり先生のお話の中で、アントロポゾフィー医学を学ぼうとしているDrがよりよい状態で学べるよう、私たちが支えている、そのことの意義深さ、すばらしさを教えてくれた。お話を聞いて「ハッ」とした。私は、自分も一緒に学びたいという思いが強かったけれど、自分がじかに学ばなくても、将来を担うDrたちを影で支え、脇役としてサポートすることも、共に学び、今後の医療に貢献することになるのだ、と分かった。今、私ができることを一つ一つ大切に行っていくことが、(あたりまえなのかもしれないけれど)一番重要だと思った。

 次に昼食の片付けの中で、また「ただ運ぶだけ」という作業的な行動をしてしまった。ただ、運ぶだけなら誰でもできる、一つづつ、次のことを考えて行っていくこと、なぜ、そうするのか、どのように行うのかなど、考えながら行わないと、ワーク&スタディにならない、とみどり先生に指摘された。忙しくなったりして、考えることがおろそかになった時ほど、自分の癖、問題点が見えてくるものだなあと、思った。

 私は何でも後回しにしてしまう。「次があるから、今はこれをしなくてもいいや」となって先へ先へ伸ばし、楽をしようとする。今、ちょっと手間をかけて行ったり、熟考してから次へ進む方が、はるかに次に進んだ時楽だし、気持ちも良い。のばせばのばすほど気持ちもすっきりしないし結局、あとで苦労することになる。分かってはいるけど、どうやってその癖を直していいかわからない。今回のステイの中で少しでもその原因や、今後の気持ちの持っていき方が見えてくればいいなあと思う。

 「次があるから」じゃなくて「次のために、今こうしよう」という風に気持ちの切り替えができたらいい。もう一つは、夕食の準備でのこと。今日は、忙しくて食事開始時間になっても出せないものが合った。私は包丁で山芋の千切り担当だった。問題は私は包丁使いが下手だということ。料理は嫌いではないし、楽しいけれど、どんなに急いで切ろうと思っても山芋が逃げて逃げて、出来上がりは、がっくりくるような物だった。センスがないなあ・・・と思うと余計がっくりだった。
 でも、下手だからこそ、今回、上達したい!もっと料理も上手になりたいし、みさ子さんからたくさん学びたいと思う。エネルギーのこもった美味しい料理を作れるようになりたい。

戻る


(C)Copyright Holistic Space Suirin. All rights reserved.