2001年水輪通信36号より

           

日々の仕事と生活の中で〈4〉

〜水輪ワーク&スタディ日誌より〜


佐藤 理恵さん(ワーク&スタディ実習生)

●10月10日
 なによりも、心のやすらぎ、平安、そういう状態になりたい。
 しかし、自分一人でそうなってもしょうがなく、何か、人のためでも自分のためでも、できるようになりたい。極まりたい。

●10月11日
 朝食時にみどり先生のお話で、仕事に対する意識を入れていただき、とてもはりきって午前中の仕事ははかどったと思う。日頃、洗たくするにも、頭使って、効率よくまわせるよう、干せるよう、工夫するよう心がけてはいましたが、この日々のワーク&スタディで、自分の意識の拡大をめざす。これから来る方、ワーク&スタディに入られる方にも教えることができるよう、ひとつにひいでると全てに通じる、それ程そうじを自分でしっかりと極める。そうじで自分を磨く。午後の作業がおもいのほか時間を取られてしまった。もっとぱっぱっと、頭を回転させて行動できないのか、無駄に動きまわっていたように思う。

●10月13日
 今日注意された事。探し物を、おちついてきちんと探す。カウンターの上で物をひきずらない。全体を見て動く。
 自分の事で手いっぱいで、自分のフィルターを通して物を見ているだけで、ありのままの事実をみれていないから失敗することがわかった。自分の足で、自立して歩いていくためにも、水輪での仕事を自分の身につけていく。

●10月15日
 二宮先生がおっしゃっていた、“人間の意志は何ものにも勝る、強い。心の中の闇より強い。”という言葉をよく思い出そう。私の中の意志力は今回の事をとおしても、すぐまきこまれ、くよくよぐじぐじとして、とても弱い事がわかる。すぐ不安に、意志力がふきとばされそうになる。
 私は、佐藤理恵はどうしたいのか?どういう人生を生き、どんな自分になりたいと考えるのか。私が水輪で前進する気持ちを失ったなら、即、もとの心の闇の世界へもどる事になる。前だけを見て、自分の道を進む。いつまでも後ろを気にしている自分は、潔くない。そんな事は、家族にも水輪の人達にも、ものすごく失礼だ。今こそ、今この瞬間に生きることを実践する事に自分の気持ちを向け、集中する事で、新しい自分を作る時だと思う。
 また、来年度にむけ、自分のしっかりとした心構えを作り、ワーク&スタディについて、正確さ、迅速さを高めていくよう、心がけたいと思います。

●10月16日
 今日はワークシートを書くことが大切だと、あらためてわかった。書かないと、自分の状態を確認できず、私はまだ、ぼーっとしてしまう。不安のほうに引っ張られてしまう。
 それから、福島へ向けて出す手紙を書いた事で、大学を休学して、水輪へなぜ来たのか、これから、自分はどの方向へ向かおうとしているのか、再確認できた。
 不思議に、書いている時はピンとこなかったが、書き終えた後に、なんだかやる気と勇気がわいてきた。これでいいのだ。私はこの道を進むのだと、うれしい気持ちが出てきた。
 また、ワークシート同様、自分の心には座禅が必要である。

〈大学の先生からいただいたお手紙〉
 手紙をありがとう。元気でやっている様子、何よりです。
 佐藤さんの気持ちがとてもよく伝わりました。
 今年、何度か貴女から手紙をもらい、その度に返事を書こうか迷いました。ゼミのなかでも時々貴女の話がでることがあります。学校の様子を伝えてあげたいなと思うこともありました。
 けれど、そのたびに思い留まりました。
 貴女がこの一年間、自分の道を見つけるまでは、いろいろ言うのを止めようと思っていたからです。逆に貴女はその覚悟で休学して、水輪へ行ったのだから、そちらの生活に集中することが大切だと思っていたからです。
 でもようやくその答えが見つかったようですね。

 先日水輪の本を拝見しました。塩沢夫妻が、貴女のことをとても温かく見守っていらっしゃる様子がわかりました。貴女の笑顔も素敵でした。
 きっとそちらの生活が、貴女を大きく成長させてくれたのでしょう。有り難いことです。
 今の時代には少し古い考え方になってしまうかもしれませんが、大学とは学問をする場です。自分の恩師からは、「学びとは何かを問う場」であることを教えられました。一つのことを学究していくこと、そのことは「学ぶ自分自身」と向き合うことになります。学問の醍醐味、それを十分に貴女に伝えられなかったことが残念です。

 ただそれ以上の「学び」を、佐藤さんは見つけたのです。
 どんな言葉を贈っても、真実に勝るものはありません。
 どうぞ健康に留意して、貴女らしく、貴女の道を歩んでいってください。
 こうした結論を導くまで、佐藤さんのなかでたくさんの葛藤があったことでしょう。それを乗り越えて出した答えです。自信をもって堂々と歩んでいってくださいね。

 最近は、「頑張らないで」と言ってあげるのが流行のようです。
 けど敢えて「佐藤、頑張れ」とエールを送って、貴女への卒業の言葉にしましょう。

 

戻る



(C)Copyright Holistic Space Suirin. All rights reserved.