なぜ、ワーキングスタディを志したのか

「心身の安定・コミュニケーションの大切さ」

Iさん(男性/30代)

なぜワーク&スタディを志したか

 私はまず食生活の改善、食に対する考え方を変えたいと思いました。それが心身の安定につながると思ったからです。好きな時に好きな物が手に入る世の中だからこそ、食物のありがたさ、感謝の気持ちがすごく大切だと思います。
 それともう一つは、共同生活をすることでコミュニケーションの大切さを知り、その中で自己をしっかりみつめていければと考えています。

これまでの人生で求めてきたこと

 私はここ5〜6年、常に自問自答をしてきた気がします。「一体、自分はどうしたいのか?」、「本当の幸せとは何だろう?」など心が満たされないまま生活していました。
 それと同時に仕事柄、食生活も不規則で朝食は抜きで昼食はコンビニ、夜食も遅くなるのでまたコンビニになってしまう。そういう日々が続いていました。そしてこういう生活をなんとかしたい、満たされない自分をどうにかしたいと思いました。

京都府/男性/30代



(C)Copyright Holistic Space Suirin. All rights reserved.
無断転載を禁じます。